東洋医学の活用|妊活サプリに葉酸サプリを利用しよう!【ようこそ赤ちゃん】

信頼できる医療機関で不妊漢方を処方してもらう方法

東洋医学の活用

漢方

東洋医学も活用できる

身体の調子が悪く、妊娠できないのではないかと考えている人も、実際に不妊治療をしていて妊娠することができずに困っている人も、身体を整えて妊娠しやすくするために東洋医学を利用することができます。
東洋医学の代表的な分野としては漢方があります。漢方は日本では古くからある民間医療として親しまれており、福山市には不妊漢方の処方を行なっている医院もあるほどです。

処方してくれる病院の探し方

不妊漢方を処方してくれる医院は漢方薬局と銘打っているところが多いです。その中でも不妊治療専門の医院を選ぶようにしましょう。総合病院であっても漢方を処方してくれるところは多くなっています。
病院だと保険を適用してくれるところもあるようなので、費用が心配という人も安心です。専門の漢方医だと、ホルモン注射を打ちたくないと考えている人にとってはメリットが大きいといえます。治療内容によってチョイスは変わると思うので、自分がどんな治療をしたいのか、想像しておくと良いでしょう。

不妊治療後と治療前の体調比較

治療前

・生理不順
・ひどい生理痛
・睡眠不足
・冷え性

治療後

・体外受精のための受精卵が取りやすくなる
・体外受精で採取した受精卵が着床しやすい
・胎盤に血流が流れやすくなる
・つわりが軽くなる

婦人科系の疾患でよく使われる漢方の種類

桃核承気湯

虚弱体質ではないけれど、体温が上昇してのぼせてしまう人もいます。そういった人は便秘しやすく、頭痛も多くなってしまいます。桃核承気湯は血流の滞りを治す効果があるため、月経時不順もこれで治ります。シミ解消に使う人もいるようです。

当帰芍薬散

冷え性の人には当帰芍薬散がよくきくといわれています。足腰の冷えはあらゆる体調不良につながっていきます。この漢方がもつ効果には、血行改善を促し身体を温めるというものがあるので、服用すれば冷えやめまいが改善していくでしょう。

加味逍遥散

神経の高ぶりに効果がある加味逍遥散なのですが、女性は更年期になるとよくイライラしたり精神不安に襲われたりします。これはPMSの症状が重い人にもよくみられる症状なので、自律神経失調症にも効果をもたらすといわれています。

桂枝茯苓丸

冷え性ではないが、血の不足がみられるという人は身体の中のバランスが取れていない状態です。桂枝茯苓丸を服用することで、血の巡りが良くなるので、にきびがよくできている人だったり、子宮に起きてしまう炎症も改善します。

温経湯

虚弱体質にもいろいろありますが、その中でも乾燥肌に悩んでいるという人には温経湯がおすすめされています。身体を温めてくれて、下腹の冷えに効果的です。女性の下腹には子宮や卵巣があるので、その不調にも効きます。

広告募集中